×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イワシのつみれ

 真イワシやカタクチイワシなど、新鮮な鰯がたくさん手に入ったら、鰯のつみれを作りましょう。骨ごと食べられて、鰯のもっとも美味しい食べ方の一つです。

材 料
・いわし  ・ニンジン  ・ネギ  ・生卵 ・小麦粉  ・塩 
・しょうゆ ・みりん ・酒 ・砂糖


 鰯の腹と頭、うろこをとって、きれいに水で洗います。
 まな板の上で、鰯を包丁で切り、たたいて、出来るだけ細かくミンチにします。
 すり鉢にミンチにした鰯を入れ、すりこぎで、よくすります。
 塩を少々入れ、すります。
 刻んだニンジンを入れ、すります。
 刻んだネギを入れ、すります。
 生卵を入れ、すります。
 小麦粉を、加減しながら混ぜ、すります。つみれの元の、できあがりです。小麦粉の分量は、加熱したときに固まるくらいにします。
 鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら、丸い団子状にしたつみれを入れ、煮ます。煮えたら、鍋から取り出し、また、次のつみれを入れ、煮ます。お皿などに、いったん置いておきます。
 鍋に残ったつみれの煮汁に、しょうゆ、砂糖、みりん、酒で、火にかけながら味付けをし、先ほどの、いったんゆでたつみれをいれて、ひと煮立ちさせれば、美味しいつみれのできあがりです。

 イワシは、とにかく鮮度が落ちやすいので、すべての作業を手早くやります。ニンジンとネギは、あらかじめ刻んでおきましょう。

紅茶 和のレシピ 紅茶スマホ  紅茶携帯


紅茶   紅茶通販   紅茶Twitter   紅茶Facebook   紅茶Blog   紅茶LINE