×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

モロヘイヤのお好み焼き

 モロヘイヤたっぷりのお好み焼きですが、とっても美味しいです。まずは、ソースやマヨネーズをつけない白焼きをたくさん作っておいて、お好みや、お体の具合にあわせて、好きな分だけソースやマヨネーズを塗り、電子レンジで温めて食べると便利です。

材料(18枚分位)
・モロヘイヤ~中鍋1杯分位(刻んだ状態)
・キャベツ ~ 半玉
・ねぎ ~ 丼1杯分位(千切り状態)
・エノキ ~ 一束
・もやし ~ 1~2パック
・生するめいか(刺身用) ~ 4から6 杯
・乾燥桜えび ~ コップ1杯分くらい
・生卵 ~ 6個
・小麦粉
・お好みソース
・マヨネーズ
・青のり


 モロヘイヤを2~3cm間隔位に刻み、キャベツとネギは千切りにします。キャベツとネギは細かくした方が、焼いたときにお好み焼きが型くずれしにくく、小麦粉の分量を減らせて、美味しいお好み焼きになります。
 イカの皮をむき、1cm位にぶつ切りにし、包丁で叩いておきます。包丁で叩いておいた方が、電子レンジで温めたとき、イカが飛び散りません。
 ボールに生卵を入れ、かき混ぜ器でかき混ぜます。次に、小麦粉と水を加えかき混ぜます。堅さは、小麦粉の分量で調節しますが、モロヘイヤのお好み焼きの場合、モロヘイヤ自体がネバネバ成分を持ってますので、山芋は使いません。したがって、ホットケーキを作るときよりかためにした方が、後で具と混ぜた時に、ちょうどよいです。小麦粉の分量を、モロヘイヤ、キャベツやネギの量に合わせて、加減してください。少ない方が美味しいのですが、少なすぎるとお好み焼きが固まりません。多すぎると、美味しくないです。お好み焼きを焼いた時に、「やっと固まっている程度」に仕上げると美味しいです。
 大きいボールか鍋に、刻んだモロヘイヤ、千切りにしたキャベツとネギを入れ、ばらしたエノキ、もやしを入れ、先ほどの生地をかけて、両手でかき混ぜます。だいたい均一に混ざったら、ぶつ切りにして叩いたイカと、桜えびを混ぜ、かき混ぜます。
 ホットプレートに、オリーブオイルやサラダ油などをひき、クッキングペーパーで全体に薄くのばします。大きめのホットプレートだと、いっぺんに6枚位焼けます。途中、お好み焼きをひっくり返しながら、表面に薄く焦げ目がつく位に焼きます。お好み焼きを、厚くしてしまったときは低温でゆっくり、薄いときは高温でサッと、焼きます。
 お好み焼きの、白焼きができたら、食べない分はラップをかけ冷蔵庫などに入れ、保存しておきましょう。食べる分に、お好みや、お体の具合にあわせて、好きな分だけソースやマヨネーズを塗り、電子レンジで温めて食べます。そうすれば、塩分などを気になさる方も、そうでない方も、お好きなようにお召し上がりになれます。青のりをかけたり、刻んだ酢漬けショウガなどをかけると、なおいっそう美味しくお召し上がりになれます。

 モロヘイヤがメインの、とってもヘルシーで、しかもとっても美味しいお料理です。油も、ほとんど使いません。作り置きもできます。是非一度、お試しください。
 作り終えた後、大きいホットプレートで、鉄板を取り外すことができ、丸洗いできるタイプのものは、台所では狭くてよく洗えませんので、風呂場で洗ってしまいましょう。よく、洗えます。

紅茶 和のレシピ 紅茶スマホ  紅茶携帯


紅茶   紅茶通販   紅茶Twitter   紅茶Facebook   紅茶Blog   紅茶LINE