×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自家製、生乳100%ヨーグルト

 生牛乳で作る、自家製のヨーグルトです。保温調理鍋があると簡単に作れ、冷蔵庫で保存するときにも、内鍋をそのまま入れてしまえばよいので楽です。どうせ作るなら、いっぺんにたくさん作って、毎食後、みんなで食べましょう。乳酸菌はおなかによく、お通じがよくなります。また、生乳100%で作るので、美味しいです。

材料(ヨーグルト3.5 ㍑分)
・市販のプレーンヨーグルト
          ~ 1パック(500ml前後)
・牛乳 ~ 3 ㍑

※保温調理鍋があると上手に出来ます。


 保温調理鍋の内鍋に牛乳3㍑を入れ、火にかけ、沸騰寸前くらいまで加熱します。そして、フタをして、45℃まで冷まします。自然にさますのが一番美味しくできますが、時間がかかります。その場合は、鍋にフタをしたまま、水につけて冷まします。
※泡立て器、温度計、種ヨーグルトをすくうスプーンは、小さめのボールに入れておいて、沸騰した熱湯をかけて湯に漬け、滅菌しておきましょう。
※雑菌が入るのを防ぐため、フタは、極力あけないようにしましょう。
※温度を測るときは、泡立て器でかき混ぜながら測ります。そうしないと、鍋の底の方と、上の方では温度差があるので、正確に測れません。
 それに、市販のプレーンヨーグルト・1パック(500ml前後)を入れ、熱湯につけて滅菌しておいた泡立て器で、よくかき混ぜます。
 内鍋のフタの内側に、サッと熱湯をかけ滅菌しフタをし、保温調理器に入れ、保温調理器のフタをし、6~7時間、発酵させたら出来上がりです。
※フタの内側に熱湯をかけるときは、手をやけどしないように十分に注意しましょう!
 保温調理器の内鍋を、そのまま冷蔵庫に入れると楽です。
※2回目以降、ヨーグルトを作るときに、自分で作ったヨーグルトを種菌として使用するのはよしましょう。繰り返し何回も使用すると、雑菌が入ったりします。変な味のヨーグルトが出来上がったり、ついにはヨーグルトが出来なくなります。毎回、新しいプレーンヨーグルトを買ってきて作ることをおすすめします。

 冷蔵庫で保存してある、内鍋に入ったヨーグルトをお玉などですくうときに、お玉に、熱湯をかけて滅菌しておきましょう。そうすれば、残りのヨーグルトに雑菌がつきにくくなります。
 そのままお召し上がりいただいても美味しいですし、イチゴジャムや蜂蜜をかけても美味しいです。
 種菌に使う、市販のプレーンヨーグルトですが、メーカーにより、出来上がってくるヨーグルトの味が、けっこう異なります。また、最適な発酵温度や、発酵時間も多少異なりますので、最適な温度や発酵時間を見つけてください。


 発酵の種類についての大まかな知識は、こちら紅茶の発酵でごらんください。

紅茶 発酵のレシピ 紅茶スマホ  紅茶携帯


紅茶   紅茶通販   紅茶Twitter   紅茶Facebook   紅茶Blog   紅茶LINE